審美歯科

審美歯科とは

従来、虫歯を治した後の詰めものやかぶせは、銀歯になってしまうのが常識でした。 前歯は保険でも白いかぶせができましたが、白い部分がプラスチックの為に経年変化で黄色く変色したり、歯ぐきとの境目が黒い筋になって目立ってしまうことが多く、とても見苦しいものでした。 最近では前歯はもちろん奥歯にも白い詰めものやかぶせを求める方が増えてきています。 当院ではそのような患者様の要望にお答えするために変色の少ないセラミックによる審美歯科治療にも力を入れて取り組んでおります。 金属を使わない治療もできますのでアレルギーの心配も少なくなります。 どうぞ御相談ください。

TOPへ

当院の審美歯科の特徴

当院では患者様一人一人にあった最適な治療を行うため丁寧なカウンセリングのもと、どの様な材料を使いどのような仕上がりにするかを話し合った上で治療を行います。

かぶせもの一覧

★の数は比較の目安です。お口の状況によって変わる場合があります。

素材・
名称
写真 ワン
ポイ
ント
素材





長所 短所
オールセラミック メタルセラミック




100%セラミックを使ったもの










○美しさNo.1.自然で透明感のある白色
○金属アレルギーにならない
×極度の衝撃で割れることがある
ハイブリッド セラミック ハイブリッドセラミック





金属にセラミックを焼き付けたもの








○色が白く、目立たない
○金属アレルギーにならない
×多少の変色がある。
ゴールド ゴールド



セラミックとプラスチックを混ぜたもの








○耐久性がある。
○2次むし歯になる可能性が低い
○金属アレルギーになりにくい
×色が目立つ
金銀パラジウム合金(保険適用) 金銀パラジウム合金


金銀パラジウム合金の表面にプラスチックを貼り付けたもの


○健康保険が適用できる ×色が目立つ
×2次むし歯になりやすい
×金属アレルギーになる
可能性がある
TOPへ

つめもの一覧

★の数は比較の目安です。お口の状況によって変わる場合があります。

素材・
名称
写真 ワン
ポイ
ント
素材





長所 短所
オールセラミック オールセラミック




100%セラミックを使ったもの










○美しさNo.1.自然で透明感のある白色
○金属アレルギーにならない
×極度の衝撃で割れることがある
ハイブリッドセラミック ハイブリッドセラミック



セラミックとプラスチックを混ぜたもの









○色が白く、目立たない。
○金属アレルギーにならない
×多少の変色がある。
ゴールド ゴールド
金合金を
使用








○耐久性No.1.
○2次むし歯になる可能性が低い
○金属アレルギーになりにくい
×色が目立つ
金銀パラジウム合金(保険適用) 金銀パラジウム合金


銀、パラジウムなどを使った銀合金 ○健康保険が適用できる ×色が目立つ
×2次むし歯になりやすい
×金属アレルギーになる
可能性がある
TOPへ

つめもの(インレー)とは

むし歯が進行していくと歯を削る部分も多くなり、削った部分をしっかりと修復する必要があります。
型を取り、型に合わせた詰め物のことをインレーといいます。

素材の特徴

メタルセラミック
貴金属にセラミックを焼き付けたもので、強度さ、審美的にもすぐれていて、もっともよく使われています。
透明感、審美性に優れ、天然歯に最も近い感じが出て変色しません。
前歯の治療でギラギラの金属のかぶせ物でイヤだなとお感じの方は、ぜひ一度お考えください。
ハイブリッドセラミック
歯の治療に使われる新しい素材で、92%のセラミックス微粒子と、それらを繋ぐ微量のプラスチックが理想的に混ざった新しい歯科治療用の材料です。
ゴールド
金の柔らかさが、噛み合わせる相手の歯にも優しい金属で奥歯には最適です。
また、金属アレルギーになりにくいです。
金銀パラジウム合金(保険適用)
いわゆる銀歯です。
保険適用のため安価ではありますが、見た目という点では保険外のものの方が審美性に優れています。
また、限られた時間・材料の中での治療となりますので、寿命も保険外の場合と比べると短くなりがちです。
TOPへ

治療の流れ

カウンセリング

審美治療を行う歯の状況を確認し、患者様のご要望を伺います。 その上でどの材料を使用し審美治療を行うかを決定します。

治療開始

実際に審美治療を行っていきます。 ここではつめもの/かぶせものを入れるための治療を行います。 いったん仮の歯を入れます。

つめもの/かぶせものを技巧

ご自身の歯に合うつめもの/かぶせものをお作りします。

最終治療

お作りしたつめもの/かぶせものを仮の歯を取ったあとに入れます。 噛み合わせなどを調整して完了です。 ※状況により治療回数は前後いたします。

TOPへ